インストールされているソフトの違い

個人向けとの違いや特徴を知っておくことで、法人向けパソコンもスムーズに選びやすくなります。個人向けは最初からたくさんのソフトがインストールされていますが、法人向けに入っているのは最低限のソフトのみです。個人向けは家庭での利用を想定したソフトが多く入っています。法人向けは入っているソフトが少ない分、価格も低く抑えられているのが特徴です。業務に使用するソフトも自分で選べるので、無駄なコストが発生することもありません。複数台まとめて購入することで、割引を受けられるケースも多いです。リースとして利用できるのは法人向けパソコンのみとなっています。使われているパーツが同じなら、性能はほとんど変わりません。

デザインの違いについて

法人向けパソコンは、個人向けと比べると落ち着いた印象のデザインです。個人向けパソコンはデザイン性を重視したものが多く、インテリアとの相性もよく考えられています。法人向けパソコンは光沢のないマットな質感で、さまざまな環境のオフィスに合わせやすいのがメリットです。機能性が重視されていて、端子も使いやすい位置にあるのがポイントになっています。電源の接続やケーブルの取り回しなど、オフィスで利用しやすい設計となっていて便利です。周辺機器に関してもその方向性は同じで、法人向けモニターは非光沢で長時間見ても疲れにくくなっています。個人向けモニターの画面は光沢で、写真や映像を色鮮やかに再現できるのが特徴です。